« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年6月11日 (金)

第二子誕生

Dsc08024 6/5、午前1時48分、6lbs3oz(約2806g)の男の子を出産しました。

予定日よりも約10日早くて、しかもかなりのスピード出産でした。前日の夜からなんとなくお腹が痛いことがあるなぁと思っていたけど、まさか陣痛とは思わず、お腹がはるのとは違う痛さがちょっと頻繁に起こるなと思って時間を計った時は10分間隔でした。この時から4時間後に生まれました。

10分間隔の陣痛は2時間くらい続いてまだ耐えられる痛みだったのですが、それからが早かった。旦那がまだ帰宅してなかったので、横になって待ってたら、12時半頃帰ってきました。旦那がお風呂からあがるのを待ってたら1時くらいになり、陣痛が5分の間隔になっていて痛みも急にひどくなったので、病院に電話しました。病院に電話しているうちにも陣痛の間隔は3分くらいになり、急いで病院に。病院の駐車場に着いても陣痛はおさまらず、何度も立ち止まりながら、受付に行き、やっとの思いで病室へ。病室に着いて、分娩用の服に着替えるように言われたけど、陣痛の切れ目もなく服を脱ぐのもやっとの思いで脱いでいたら、破水とともに赤ちゃん出てきてしまいました(その時、先生や看護婦さん達はまだ病室に到着しておらず、旦那が呼びに行きました)。ほんとギリギリでした(間に合ったのか??)。一人目の時の経験から、まだまだ陣痛は続くと思っていたのですが、全く状況は違って今回は陣痛が一気に進んだ感じ。

アメリカでは、通常生まれてから2泊して退院です。日本とは違って、かなりの分業化だなと思いました。日本では看護士さんが全部してしまいますが、アメリカでは分娩を担当する人、出産後のお母さんの健康状態を担当する人、赤ちゃん担当の人、全部違う人でした。生まれる前に赤ちゃんの小児科医を決めておくのも日本とは違うところ。赤ちゃんが生まれた日から退院するまで毎日、指定した小児科の先生が赤ちゃんをチェックしにきます。退院してから2日目に小児科に検診に行きました。他にも色々日本とは違うことが多くてビックリしました。産後1週間入院できる日本はその間に赤ちゃんのケアとか母乳の出具合とか色々チェックしてくれるので恵まれていたなぁと思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

我が家の野菜達

ここ2,3日、朝晩暖かくなってきました。

我が家の野菜達も気付けばどんどん大きくなってました。

きゅうりの雄花が咲いてます。Dsc08018

ナスは一番花に実がついてました。この実は形が悪くて株に負担をかけるので早めに取り除くそうです。ナスは他にも花が咲き始めました。めしべ(緑の部分)がおしべ(黄色Dsc08021 の部分)より出ているのは肥料が十分な証拠だそう。チェックするのを忘れてました・・・。ナスは肥料切れになりやすいので追肥も必要なんですね。

Dsc08023 トマトは実がつき始めました。ミニトマトと普通サイズのトマト、茎の太さも実のなり方も全然違います。写真は普通サイズのトマトです。名前は忘れましたが、日本の品種です。桃太郎トマトが欲しかったのですが、売り切れていたので違う種類のものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

ポテトチーズパン

Dsc07982 昨日はポテトチーズパンを作ってみました。

レンジで少し柔らかくしたポテトを角切りにして、軽く塩コショウして、チーズと一緒にパン生地で巻き込みました。

私の場合、巻き込むパンは時間が経つとどうも固くなる傾向があるのですが、今回は時間が経っても生地が柔らかく仕上がっていい感じでした。やはり捏ねと発酵温度が重要な気がします。大きめのドッグ型に成形したので、厚めにスライスして食べました。ベーコンも一緒に巻き込んでもよかったかもしれません。

最近、ようやく暖かい日が続くようになってパン作りにはよい気候です。ようやくよい気候になってきたのですが、今月中旬に第二子出産予定なので暫くパン作りお休みです。特に手ごねパンはいつのことになるやら・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

チェリーパイ

Dsc07976 先週の土曜日、チェリー狩りに行ってきたので、チェリーパイを作りました。

パイ生地も自分で作ったのだけど、少し固いところがあって、もう少し練習が必要みたい。チェリーのフィリングは砂糖の量がほどよく調節できたみたいで、甘酸っぱくて美味しかったですよー。その日より、冷蔵庫で冷やして次の日に食べたほうがより美味しく感じました。

チェリー狩りは、去年と同じ農園の「Nunn Better Farms」というところに行ってきました。Brentwoodにあります。Breantwoodには沢山のフルーツ農園があって、チェリーは始まったばかりのようで人気の農園の周りには車が沢山駐車されていました。「Nunn Better Farms」もyelpでみるとなかなかいい評価のようです。

農園に到着したら、バケツを借りてチェリー狩りの始まりです。ビング種なので、なるべく赤黒Dsc07963 っぽい色のチェリーが甘いです。色々歩きまわって、色づきのよさそうなチェリーのなってる木を見つけたので、最終的にはずーっとそこで取り続けました。高いところにあるほうがいい感じに実っているのですが、今年は梯子を見つけられず、手の届く範囲で(去年は梯子がそれなりに置いてあったのですが)。1時間もしないうちにバケツ一杯になってきたので、終わりにしました。はかりで重さをはかってもらって、代金を払います。多分1lbあたり$2.5くらいかなと思います。地面が乾いてない部分があるので靴が結構汚れます。うねもあるので、殿は何度か転び、服も泥だらけ・・・。チェリー狩りは楽しんでて、また行きたいと言ってましたが。小さな子供には着替え必須です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »